タクシードライバーの人気が高まる理由には観光業の強化にあった?|Duplicate Word
HOME>記事一覧>タクシードライバーの人気が高まる理由には観光業の強化にあった?

バス以外の観光業

最近はタクシーも観光業として人気が上がっています。それと共にタクシーの求人も増えています。タクシーを観察していると、個人と書かれている車とそうでない車があります。どんな違いがあるのでしょうか?

法人タクシーと個人タクシーの違い

法人タクシー

法人タクシーは第二種免許を取得している人が運転しているタクシーです。いずれかのタクシー会社に所属しています。売上の40%は会社に収める義務がありますが、残りの60%はタクシードライバーの給料になります。

個人タクシー

個人タクシーは第二種免許を取得して10年以上の運転経験を経た人がなる事ができます。個人タクシーを名乗る為には、運転経験と豊富な地理能力が必要になります。燃料や車代は自分で支払う必要がありますが、売上の100%が自分の給料になります。自分の頑張りが給料に反映されますが、逆に積極的にお客をとらないと給料が無いデメリットもあります。

タクシー

目立つ新卒や女性の進出

以前から転職者にタクシードライバーは人気の職種でしたが、近年では新卒者でもこの業界を目指す方が増えてきています。また、以前は男性の多い職場というイメージでしたが、最近では女性のタクシードライバーの割合も多くなってきています。世の中には中々求人が集まらない職種が多い中、なぜ、タクシードライバーという職種が転職者のみならず新卒や女性の方に高い人気があるのでしょうか。その理由の背景としてタクシードライバー業界を取り巻く環境が変化している事があります。具体的には外国人観光客の増加、高齢化社会の到来、自然災害時のライフラインなど、最近の急激な社会的変化にタクシーは必要であると認識されてきたからです。

従来にない職域の広がり

都会や地方でも外国人観光客の数が目に見えて多くなってきました。日本は将来的には観光立国を目指しており、その中でタクシードライバーの役割は従来のお客様を目的地へ運ぶというだけではなく、外国語を駆使しての観光ガイド的な役割も求められてきます。さらに、買い物や通院が困難な高齢者の外出サポートとしても、タクシーはこれから大きな役割を担うと期待されています。また、近年増えてきている台風や地震などの自然災害時のライフラインとして頼りにされるケースが増えてきています。このように、最近では従来の職域を超えるような仕事の広がりに期待が集まっているのも人気の理由となっています。

高齢でも勤務可能な職業

他の職業では年齢によって就業は制限される事が多いですが、タクシードライバーにおいては高齢でも働けるという大きなメリットがあります。マイペースで働け、接客業においては年を重ねた事による知識や技量が素直に反映されるため、無理なく働けるのも人気の理由です。その他にタクシードライバーは腕一本で高給が稼げるとか、勤務体制が柔軟で自分の趣味の時間の確保がし易いとか、人気の理由は様々あります。

広告募集中